PTB

NO IMAGE PTB

ラッパー

記事未記入
NO IMAGE PTB

ウィンドウを開く(関数化)

前項でウィンドウを開くプログラムについて説明しました。基本的にあのやり方で問題は無いのですが、 ここではScreen('OpenWindow', ...)関数をより使いやすいものにするための関数を作成してみましょう。 ど...
NO IMAGE PTB

基本図形の描画

(説明
NO IMAGE PTB

スタックキー

(説明
NO IMAGE PTB

ウィンドウを開く

画面に何かを描画するためには、まず描画用のウィンドウを開く必要があります。 このサンプルでは、ウィンドウを開き、灰色の背景に緑色の長方形を描画します。 何かキーが押されるとウィンドウが閉じ、プログラムは終了します。 f...
NO IMAGE PTB

関数の利用

関数を作成する方法について。 関数とは (説明 関数の作り方 (説明 関数の一般的な形 % 関数の一般的な形 function returnV...
NO IMAGE PTB

while文

while文を使うことでループ処理を実現できます。 % 変数を設定 X = 1; Flag = 0; % Xが1023より大きくなったらフラグを1にしてループを抜ける while(Flag==0) ...
NO IMAGE PTB

switch文

switch文を使うことで条件分岐させることができます。 % 変数を設定 X=2; switch(X) case1 A=0 case2 B=0 ...
NO IMAGE PTB

for文

for文を使うことでfor文内部のコマンドを繰り返し実行(ループ)させることができます。 % 変数を設定 Sum = 0; M = ; % 1から10までの数の合計を計算する例 for i = 1:...
NO IMAGE PTB

if文

ifの後に続く式が真であれば(あるいは数値が0以外の場合)、後続の式が実行されます。 % 変数を設定 X=100; % if文による条件分岐 if X > 50 A=1 end % i...
NO IMAGE PTB

行列の計算

行列の演算について。 要素ごとの演算 + 配列の要素ごとの和を計算します。 A = ; B = ; A + B - 配列の要素ごとの差を計算します。 A = ...
NO IMAGE PTB

更新履歴

2014.04.03  "概要と基本操作", "スクリプトファイルの利用" のページを追記。 2014.03.17  "ウィンドウを開く", "ウィンドウを開く(関数化)" を追加。 2014.03.16  "概要と基本操作"...
NO IMAGE PTB

行列の要素へのアクセス

行列の要素を取り出したり、行列の情報を取得する方法について。 単一の要素を取り出す 要素の位置を指定 例:Aの(2,2)要素を取り出します。 A = ; B = A(2, 2) ...
NO IMAGE PTB

行列の作り方

はじめに 最初にも述べたようにに、MATLABでは変数は全て行列データとして表現されます。 本稿では変数への行列の代入、および行列の加工方法について解説します。 スクリプトファイルを新規に作成し、適当な名前...
NO IMAGE PTB

スクリプトファイルの利用

はじめに 前項では、コマンドウィンドウに1行ずつ式を入力することで計算結果を表示させました。 しかし、多くの計算をまとめて同時に行ないたい場合には、これは面倒です。 プログラミングでは通常、スクリプトファイルに必要な計...
NO IMAGE PTB

概要と基本操作

はじめに MATLABは行列演算が得意なプログラミング言語であり、科学技術計算によく利用されています。様々なライブラリ(Toolbox)が提供されており、それらを利用することで様々な高度な処理が簡単に利用できるようになって...