Eclipse環境でProcessingを使う方法

 2015年10月10日追記
 Processingの最新版(ver3.0)でのやり方をより詳しく書いた記事を書きました。
 Processing 3 を Eclipse で使う方法
 http://hiroyukitsuda.com/archives/1721

けっこうややこしいので備忘録としてメモ。
環境は Mac OS X(10.6.8), Eclipse(Indigo Service Release 1), Processing(ver1.5)。

Eclipseを起動する。

File > New > Java Project でプロジェクトを作成(Project nameの頭文字は大文字にする)。

Processingライブラリを追加する。

Project フォルダ右クリック > Import > File System 、Next をクリック。
ディレクトリを /Applications/processing.app/contents/Resources/java にし core.jar を選択し Finish。
Package Explorer に追加された core.jar を右クリックし、 Build Path > Add to Build Path を選択。

New > Class でクラスファイルを作成。

Name は Project 名と同一、Package には適当な名前(例えばpkg)を入れる(Packageは無記入でも可)。
以下のコードをテンプレとして加える。

package pkg;
import processing.core.*;
//    import processing.opengl.PGraphicsOpenGL;
//    import fullscreen.*;
public class クラス名 extends PApplet {
// 	FullScreen fs;
	public void setup() {
		size(screen.width,screen.height);
		frameRate(60);
		smooth();
	}
	public void draw() {
	}
	public static void main(String args[]) {
		PApplet.main(new String[] { "--present", "--hide-stop", "--bgcolor=#000000", "pkg.クラス名" });
	}
}
// 2カ所ある<クラス名>の部分には作成したクラスファイルの名前が入る。
// コメント行はライブラリをインポートした場合用に。

以上が最低限のセッティング。
追加ライブラリをインポートする場合は以下のようにする。

OpenGL ライブラリを追加する。

Projectフォルダ右クリック > Import > File System 、Nextをクリック。
/Applications/processing.app/contents/Resources/java/modes/java/libraries/opengl/library
をディレクトリに設定し、jogl.jar, opengl.jar, gluegen-rt.jar の3つを選択し、Finish。
Package Explorer で3つの .jar ファイルを選択し、Build Path > Add to Build Path を選択。
再度 Import で以下のディレクトリから4つの .jnilibファイルを選択、Into folder は クラス名/lib とする。
/Applications/processing.app/contents/Resources/java/modes/java/libraries/opengl/library/macosx
Projectフォルダ右クリック > Properties > Java Build Path > Libraries において
jogl.jar と gluegen-rt.jar の2つについて Native library location に先ほどの lib フォルダを指定する。

FullScreen ライブラリを追加する。

FullScreenライブラリ をダウンロードしておく。
ダウンロードした fullscreen フォルダ中の library フォルダから fullscreen.jar を Import する。
fullscreen.jar を選択し Build Path > Add to Build Path を選択。
setup() 関数中に以下の行を追加。
fs = new FullScreen(this);
fs.enter();
fullscreen フォルダ中の library フォルダにある libjAppleMenuBar.jnilib を lib フォルダへImport する。
fullscreen.jar の Native library location に lib フォルダを指定する。

注)FullScreenライブラリを使用してもデスクトップ画面上部の menu bar が完全に消えない問題有り。

参考ページ

http://www.processing.org/learning/eclipse/
http://creativecoding.org/en/beyond/p5/eclipse_as_editor
http://forum.processing.org/topic/osx-menu-bar-still-visible-in-present-mode
http://nakamuraprocess.blogspot.com/2011/12/eclipsejapanese-processing-opengl-mac.html

コメント