improc

NO IMAGE improc

ヒストグラムマッチングによる画像の平均輝度とコントラストの調整

作成した関数 hist.match = function( cimg, target.hist = NULL, return.image = T, save.dir = "NULL" ){ if( !is.null( ...
NO IMAGE improc

自然画像中の方位の分布の解析

人間は水平・垂直な方向の線分に対して感度が高いことが知られており、これは Oblique effect と呼ばれます。人間が生活する視環境の中に水平・垂直の成分が多く含まれることがこのような視覚特性をもたらしているという可能性が...
NO IMAGE improc

画像の背景色の除去

問題 物体画像のデータベースなどから得た画像は、多くの場合に物体の周囲に白い背景が付いています。実験では黒や灰色の画面に画像を提示することが多いので、画像をそのまま提示すると物体の周囲に余分な白色が出てしまいます(図の上段)。...
NO IMAGE improc

2値化画像とムーニー顔

二値化 これが何の画像か分かりますか? 正解はこちら。 心理学をやっている人ならこのダルメシアンの画像は何度も目にしていたことがあると思いますが、画像処理を使えばこの種の画像をいろいろと作ることができます。 ...
NO IMAGE improc

周波数フィルタリング

フーリエ変換 ローパスフィルタ・ハイパスフィルタ・バンドパスフィルタ library( imager ) clamp = function( array, min, max ){ ...
NO IMAGE improc

空間フィルタリングによる平滑化とエッジ検出

畳み込み処理 画素値を操作する際に、当該画素の周辺に存在する画素も用いて計算を行うことができます。例えば当該画素を含む周囲9ピクセルの画素値の平均を計算し、その値を当該画素の新しい画素値とする操作を行えば、画像をぼかす効果が得...
NO IMAGE improc

画像の輝度を調整する

画像の輝度を任意の値に合わせる方法を考えます。例えばある画像の平均輝度が 0.5 だとして、これを 0.3 など別の値になるように調整したい、ということです。 一見すると、この例の場合だと画像の全ピクセルの画素値を -0....
NO IMAGE improc

Rによる画像処理:imagerパッケージの使い方

Rで画像処理をするにあたって imager というパッケージを用います。このページでは imager の基本的な使い方について扱います。まず始めにデジタル画像について説明します。 デジタル画像について 私たちが普段パ...
NO IMAGE improc

画像処理と心理学

画像処理 (Image processing) とは、画像に対して何らかの処理を施すことです。 処理の結果(出力)として画像を得る場合もあれば、何らかの記述を得る場合もあります。前者の例としては写真の明るさやコントラストを調整して見栄...