tsuda

NO IMAGE P5

while 文

while 文 while 文とは、指定した条件が満たされる限り、ブロック内の処理を繰り返し実行する命令です。繰り返しを行なうという点で for 文と似ていると言えます。Processing における while 文の書き方を以下...
NO IMAGE P5

for 文

for 文 for 文とは、ブロック内の処理を指定した条件が満たされるまで繰り返し実行する命令です。Processing における for 文の書き方を以下に示します。 size( 400, 400 ); back...
NO IMAGE P5

switch 文

switch 文 switch 文とは、変数の値に応じて処理するブロックを切り替えることのできる命令です。機能的には if 文と似ています。Processing における switch 文の書き方を以下に示します。 ...
NO IMAGE P5

if 文

if 文 if 文とは、条件の真偽に応じてブロック内の処理を実行するかしないかを切り替えることのできる命令です。Processing における if 文の書き方を以下に示します。 int a = 10; int b...
NO IMAGE P5

配列

配列とは 変数を配列データとして定義することで、1つの変数に複数の値を保存しておくことができます。 配列データの作成 配列データの宣言や初期化は以下のように行ないます。 int[] array1;...
NO IMAGE P5

変数のスコープ

変数はスコープを持つ 変数にはそれが使える範囲というものがあり、これを 変数のスコープ と言います。例をもとに説明します。 int outer = 0; if( true ){ int inner = 1...
NO IMAGE P5

予約語とシステム変数

予約語とシステム変数とは 変数の名前は基本的にユーザが自由に付けることができますが、一部の名前はあらかじめ Processing の側で定義されており、自由に使うことはできません(予約語)。そのような例としては:  - 制御構造...
NO IMAGE P5

変数とデータ型

変数とは 一般に、プログラミングでは様々なデータを使って計算や命令を行なうことになります。そのデータを保存しておくための入れ物のようなものを「変数」と言います。 データ型 変数にはデータ型というものがあり、例えば整数値...
NO IMAGE P5

学習のための情報源

このページでは Processing を学ぶための情報源について解説します。下にも書きましたが、公式サイトが充実しているのでまずはそこを読むのが良いと思います。英語が苦手な人は田所氏のスライド資料を当たりましょう。 Web ...
NO IMAGE P5

2AFC課題

どのような課題か 画面の左右に2つの円が提示され、どちらの円の方が明るいかを解答する課題です。 まずは実際にプログラムを動かしてみましょう。 下記のリンク先のプログラムコードをコピーして、Processingの...
NO IMAGE P5

簡単なプログラムの実行

簡単なプログラムの実行 それでは、簡単なプログラムを使って Processing を実際に動かしてみましょう。以下のようなコードをエディタに記述し、実行ボタンを押してください。 size(600, 400); line(0...
NO IMAGE P5

ファイルとフォルダ構成

作成したプログラムファイルの保存場所 Processingエディタで作成したプログラムはフォルダ単位で整理されるようになっています。Processingエディタを起動し、何もコードを書かなくても良いのでそのまま保存をしてみましょう。シ...
NO IMAGE P5

ダウンロードとエディタの使い方

ダウンロード Processing は公式サイト からダウンロードできます。 公式サイトの左側のメニューからダウンロードページへ進んで下さい。最初に寄付を募る画面が表示されますが、「No Donation」を選択してダウン...
NO IMAGE PTB

ラッパー

記事未記入
NO IMAGE PTB

ウィンドウを開く(関数化)

前項でウィンドウを開くプログラムについて説明しました。基本的にあのやり方で問題は無いのですが、 ここではScreen('OpenWindow', ...)関数をより使いやすいものにするための関数を作成してみましょう。 ど...
NO IMAGE PTB

基本図形の描画

(説明
NO IMAGE PTB

スタックキー

(説明
NO IMAGE PTB

ウィンドウを開く

画面に何かを描画するためには、まず描画用のウィンドウを開く必要があります。 このサンプルでは、ウィンドウを開き、灰色の背景に緑色の長方形を描画します。 何かキーが押されるとウィンドウが閉じ、プログラムは終了します。 f...
NO IMAGE PTB

関数の利用

関数を作成する方法について。 関数とは (説明 関数の作り方 (説明 関数の一般的な形 % 関数の一般的な形 function returnV...
NO IMAGE PTB

while文

while文を使うことでループ処理を実現できます。 % 変数を設定 X = 1; Flag = 0; % Xが1023より大きくなったらフラグを1にしてループを抜ける while(Flag==0) ...
NO IMAGE PTB

switch文

switch文を使うことで条件分岐させることができます。 % 変数を設定 X=2; switch(X) case1 A=0 case2 B=0 ...
NO IMAGE PTB

for文

for文を使うことでfor文内部のコマンドを繰り返し実行(ループ)させることができます。 % 変数を設定 Sum = 0; M = ; % 1から10までの数の合計を計算する例 for i = 1:...
NO IMAGE PTB

if文

ifの後に続く式が真であれば(あるいは数値が0以外の場合)、後続の式が実行されます。 % 変数を設定 X=100; % if文による条件分岐 if X > 50 A=1 end % i...
NO IMAGE PTB

行列の計算

行列の演算について。 要素ごとの演算 + 配列の要素ごとの和を計算します。 A = ; B = ; A + B - 配列の要素ごとの差を計算します。 A = ...
NO IMAGE PTB

更新履歴

2014.04.03  "概要と基本操作", "スクリプトファイルの利用" のページを追記。 2014.03.17  "ウィンドウを開く", "ウィンドウを開く(関数化)" を追加。 2014.03.16  "概要と基本操作"...
NO IMAGE PTB

行列の要素へのアクセス

行列の要素を取り出したり、行列の情報を取得する方法について。 単一の要素を取り出す 要素の位置を指定 例:Aの(2,2)要素を取り出します。 A = ; B = A(2, 2) ...
NO IMAGE PTB

行列の作り方

はじめに 最初にも述べたようにに、MATLABでは変数は全て行列データとして表現されます。 本稿では変数への行列の代入、および行列の加工方法について解説します。 スクリプトファイルを新規に作成し、適当な名前...
NO IMAGE PTB

スクリプトファイルの利用

はじめに 前項では、コマンドウィンドウに1行ずつ式を入力することで計算結果を表示させました。 しかし、多くの計算をまとめて同時に行ないたい場合には、これは面倒です。 プログラミングでは通常、スクリプトファイルに必要な計...
NO IMAGE PTB

概要と基本操作

はじめに MATLABは行列演算が得意なプログラミング言語であり、科学技術計算によく利用されています。様々なライブラリ(Toolbox)が提供されており、それらを利用することで様々な高度な処理が簡単に利用できるようになって...
NO IMAGE 研究発表

日本心理学会第77回大会

日本心理学会第77回大会で発表を行ないました。  ポスター発表の方はいまいちお客さんが来てくれなかった印象でしたが、同じ分野の研究をしている方数名と濃い話が出来たのは良かったなと思います。空間認知研究については最近始めたばかりなので同...
NO IMAGE 研究発表

Psychonomics 2012

53th Annual meeting of the Psychonomic Societyに参加してポスター発表を行いました。
NO IMAGE Tips

学会参加時の持ち物リスト

学会へ参加する際の持ち物チェックリストを作ってみた。 PackingList.pdf
NO IMAGE 研究発表

日本基礎心理学会第31回大会で発表しました

ポスター発表を行いました。今年は認知心、日心、基礎心と参加しましたが、基礎心が研究分野的に最も近いということもあってポスターを見て回るのが面白かったです。自分の研究とテーマの近い発表者もいくらかおり色々話せたのは良かった。開催地...
NO IMAGE Tips

顔画像データベース

研究で顔画像が必要になり、利用可能な顔画像データベースについて調べたのでメモ。 主にコンピュータサイエンスの分野で画像のデータセットが色々と作成されており、このサイトに多くのDBがまとめられています。  FACE...
NO IMAGE 研究発表

日本認知心理学会優秀発表賞を受賞しました

第10回日本認知心理学会の優秀発表賞を頂けることになりました。 技術性評価部門での受賞とのことで、大変光栄に思います。 発表の要旨等が認知心理学会のサイト内に掲載されています。
NO IMAGE プログラミング

N次元ベクトルの回転

実験プログラム作る際にちょっとハマったのでメモ。多次元(N=100くらい)のベクトルを回転させたかったのですが、2次元または3次元のベクトルを回転させるための行列はよく知られているものの、一般のN次元の場合の回転行列って見たこと...
NO IMAGE プログラミング

Unityで都市を作る

3Dの仮想空間(都市空間)を作ろうと思い、Unityを使ってみてます。Unityは3Dゲームを作るための統合開発環境なんですが、これがなかなか凄い。機能豊富で、FPSとかバイオハザードとかあの辺のゲームが自分で作れてしまいそうな気に...
NO IMAGE プログラミング

Terrain with texture map

3Dプログラミングで遊ぼうと思い、Terrain(地形)を表示するプログラムを書いてみました。地形を表示し、360度自由に見る方向や距離を変えることが出来ます。 言語はC++/openFramework...
NO IMAGE 研究発表

日本心理学会第76回大会に参加しました

 私はポスター発表で参加しました。途中までのデータしか提示できなかったため研究の流れや結論が見えにくい発表になってしまったことが反省点。このテーマについてはそろそろ論文を書きたい所。  今回の日心は運営の頑張りがよく見える大会...
NO IMAGE プログラミング

Eclipse環境でProcessingを使う方法

 2015年10月10日追記  Processingの最新版(ver3.0)でのやり方をより詳しく書いた記事を書きました。  Processing 3 を Eclipse で使う方法   -- けっこ...
NO IMAGE プログラミング

Processing導入方法

Processing.orgのダウンロードページ(に行く。 自分の環境に対応するファイルをダウンロードする。 (Win版には2種類あるが では無い方を落とせば良い) ファイルを解凍したら実行ファイルを実行してProce...