Terrain with texture map

3Dプログラミングで遊ぼうと思い、Terrain(地形)を表示するプログラムを書いてみました。地形を表示し、360度自由に見る方向や距離を変えることが出来ます。

言語はC++/openFrameworksを使っていて、このコードを参考に作りました(FractalFloatTerrainExample)。L3DTってソフトを使うと自分で地形を作成出来るようなのでそのうち遊んでみたい。

何か例えば空間認知系の研究にでも使えないかなと考えたりしています。ポピュラスというゲームを連想してわくわくします。

iPadでも動作するようにしてみました。指で動かせるのでより直感的に操作出来るようになるはず。将来電子教科書が普及した頃にはこういうインタラクティブな教材を使って地理の勉強をすると教育効果が上がりそうです。

コメント